9.09.2016

脱皮期間

今回のマナリー里帰り、とにかく、長い文章が書けんかったんよ。何を書いてもマインドにエサやってるみたいで(笑

今年の初め頃から、私自身に大きな節目があって、じぃ〜っと自分自身を観察し続けてるよ。ちょっと不安なような、無防備なような…

公共の場での文章の書き方が変わったんやけど、なんか、私自身の人格的な安堵というか、張り切り感が薄れたというか、ある意味、誰かさんを脱ぐ期間というか

別に大したことはせえへんねんけど、内面の自分を受け入れ続けてると言うか、まぁ、まだこの期間は続くようやで。

で、思うところにダイアモンドロゴス、やってくれたわぁ。私が誰でも無いものになるまで観察は続くんやで。

今まで、知らず知らずにどうやって、
世間でやっていけるか四苦八苦
知れば知るほど、誰かになっていく
見栄、自信、自慢、傲慢、卑下、愚か、落胆
ぜんぶ体験したら、あることに気がつく
ぜんぶ、恐怖が操っている

それでも、喜び、憂い、感謝、良い痛みは
それらから生まれたんよ。
私の生きてるってこんな感じなんや。

ふ〜ん。
そうなんや。

私が誰でも無いと言うことは、
消えていくんやね。

そやったら、受け入れるわ。





8.21.2016

ふと思う。

最近の私は恵まれた状況の中でのんびりと人生を過ごしている。さしづめ、大金持ちとは言えないが金銭的な苦境にあるわけでもなく、他人や家族から嫌なことを押しつけられることもなく、好きなことを出来るときに出来る、そんな人生を感謝しなきゃなんねぃ。

世の中には何もかもが辛く苦しいと感じている多くの人がいるのだ。物や事は取りようで、最悪の状況においてなお、幸福を感じる人がいないわけでもないってのが何よりの助けだね。

恵まれた状況を作るにはコツがある。コツコツ、コツコツ、頑張るってのがコツ。

コツコツ、コツコツは、お金だけじゃーない。人との関わり方を正しく知って、そして、そのように自分を修正していく。もちろん、人格や趣向や癖や恐怖なんてもんがあるよ。そんなん、時間が必要なことがいっぱいやで。

で、自分のそんなところにちゃんと目を開いてる。あっ、しまった (; ̄ェ ̄)間違ったなっと思ったら、出来るときに修正すればいいんだから。その繰り返しがコツコツ、コツコツ。

で、知らず知らずのうちに苦労じゃなくて、気がついた時にぁー、幸福を背負っていたと知ったら、そりゃ感謝が降りてくるよ。

幸福だなぁ、って思える瞬間が来たら、じっくり味わうのだ。その時が自分を褒めてやれる極上の瞬間さ。



6.16.2016

夢の中で目覚めている


以前のブログに、 ”夢の中で目覚めている” を
覚えていくことにしたと書いたよ。

それはどうやってできるのか定かでなかったんだけど、
今、ようやくその感じがつかめてきた。

日常の生活の中で、特に周囲の状況や人との関わりの中で
それを明らかにすることが出来るのがわかった。

それにはまず、自分の状態をずーっと観察し続けているのが前提で、
周りの状況や人と関わるときに "自分の何が変化するか" を見ている。

例えば、

外に向けての反応(エゴ)は控えるといいですがそうもいかなかった時、
ちょっとしたくだらないコメントをしてしまう時ってあるよね

自分が起こしたそんな反応に、これまた、自分がどう感じているか、
居心地が良いか、悪いか、何がそうさせているのか? 見ている。

自分の反応に対する優越感、自己反省や自己批判、また解離などは、
勝手に起こるのでそれをただ観ている。

こうすることで、無意識に、
または夢に目覚めていることができるとわかった。

分厚い雲に囲まれている
雲を蹴ちらかそうとするとさらに厚い雲が押し寄せてくる

そうならば、どんな雲かみていよう
どのように動き、どのような弾力があるのか?



前に書いた、

-- 無意識には弱点がある。そう、痛いところをつねってやる。
 すると、地獄の底から簡単に流れ出す。

-- 無意識には策略がない、策略を企てるのは体裁を繕う意識である。
 無意識は体裁や策略がないので意識が恥じるのだ。

-- それが出てくるとき、何らかの質を帯び、一見して意義がありそうに見えるが、
 根本的にはただのエネルギーのように思える。

-- それが、まずは、夢の中で目覚めているという事にならないだろうか?
 では、どうする? 



6.09.2016

エゴを脇におき、静かにいる

今回の Faisal meeting で私に決定的なことが起こっていたのは、静かでいるとき、何であれ、静かに観ている時だった。そして、観察のプロセスがいかにパワフルであるかを体験した。

これまでも、瞑想で静かでいることをしてきたし、インクワイリーで観察もしてきた。でも、そのどこかに、観察の中に、ワンダリングがあった。インテンスに観察している "私" がいた - といった感じ。

今回、そのワンダリングが消えた。本当にただ観察しているだけ。この違いは大きい。"観察している私" と言うより、"観察の状態" がそこにあったと言うのが正しいだろうか? うまく説明できないけど…

ワンダリングがないという事はどんな期待もない。とてもとても控えめな状態だった。私は、私自身にお手上げで、最初のうちにエゴをとにかく脇に置いておくようしてみた。

エゴを脇に置き、ただ、静かにしていると、周りのすべてが違っていた。最初は気づけなかったけど、途中で自分が、あらゆる面でとてもリラックスしていることに気がつき始めた。

Ameno から Milano に移動した翌日、朝起きた時から夜まで、友人に会っていても、食事をしていても、目をつぶればすぐに寝てしまえるほどの睡魔がそこにあった。つまり、どの瞬間でも目をつぶれば眠れるという奇妙な状態。

それは頭だけでなく、体と私の存在全部が眠りに吸い込まれそうなぐらいの勢いで、こんな種類の睡魔は初めてと思う。前日もその前々日も睡眠は十分とっていたのに。

今から思うと、静かな観察はずーっと続いており、この慣れない長時間の意識的な状態に無意識が耐えれきれず、眠りを誘っていたのかもしれない。何となく、腑に落ちる。

付け加えると、この意識的な状態はとてもソフトでインテンスな観察の状態とはまるっきりかけ離れている。まるで、何かに優しく包まれているような感じ。

そう思うと、私に起こっている事はただ事ではないと分かる。これはもちろん、Faisal とその meeting  group の影響なのは間違いない。Faisal と共に静かに座る瞑想が何度かあって、その時の Faisal はとても深く静かで澄んでいた。

彼は私のすぐそばに座っていたけど、その存在が消えていたし、彼のどんな欠片も見つける事はできなかった。ほんの数秒、何度か戻ってきたようにも思えたけど、またすぐに消えていった。そのことが、私に影響を与えないわけがない。

エゴが活発だと、私たちは何も語らずともうるさい存在となり、その人といるだけでとても疲れてしまう。逆にエゴがないと、さざ波のない湖のように静かで透明感がある。

私はこの静かな湖の中にゆっくりと引き込まれていったように思う。例え、私のマインドがまだ漂っていたとしても。

実際、その時、私のマインドは漂っていた。だから、漂うぐらいの控えめなエゴはあった。そして、エゴの漂える層から静寂を覗き込んだ。

自分以外の point of light (ここでは Faisal だが) が深く潜っていたので、私もその深淵を覗き込むことができた。

この体験は私の瞑想の質を変えたように思う、何が? と言うのは言葉にできないけど、つきまとっていた何かがなくなったような感じ。

しいて言えるなら、 I am no one のスペース だと思う。私が誰でもなければ、エゴはとても控えめでいることができる。



6.08.2016

Faisal に言わせると

Faisal に言わせるとこの世界はパラダイスである。

どれほど昔のことか知らないが、何十億年? (137億年前) もかけてこの宇宙が発展し、沢山の星が生まれ、その中でも最も美しい地球に人類が誕生し、花が咲き乱れ、鳥はさえずり、海の中では魚が沢山泳いでいる。this is a miracle! 

そして、ヒトはそれを目撃できる目を持ち、聞き、味わい、体験することの出来る体を持つことができた。This is a miracle! You are in the paradise ‼︎

と、 Faisal は言った。

確かにそうかもしれない。 そして、このパラダイスがパラダイスでなくなったのはいつからで、どうのようにしてそうでなくなったか? が、私たちの知りたいことである。

何であれ、周りの環境と大人達 (特に両親) によって、子供は 7〜8歳ごろにはすっかりエッセンスと切り離されてしまう。つまり、本来持ち合わせた能力を否定され、その代わりに条件づけの社会性を植え付けられて、自分を見失ってしまう。

子供は深く傷つき、無意識の代償として体に緊張を持ち始める。例え、大人になってそれに気づいたとしても、心を開くのに大変な時間がかり、深い問題の中で見失い、ある種の痛みは感じなくなっている。

あなたがそれをほんの少しでも開こうとするなら、あらゆる方面の痛みと混乱が生じる。だから、明確な方法で、ひとつひとつを理解しなければならない。それゆえ、5つのラティファ (5つの本質的資質) から始めるのが良い。

私はこのダイアモンドロゴスと言うワークはとても効果的にそれに働きかけることができると実感している。そして、エニアグラムの fixization はそのとっかかりにとても役立つ。自分のエゴストラクチャーのあり方であり、無意識の振る舞いと防御機能の上に成り立っているから、知っておいたほうがもちろん良い。

エニアグラムの9つのタイプ以外に、3つのベーシックがある。ソーシャル、セックス、サバイバルのどの傾向にあるか? 

ソーシャルは、人のいるところに出て行くべきか? 隠れ潜んだいるか? セックスは、セックスすべきか? しないべきか? サバイバルは、食べるべきか? 食べないべきか?  ちょっと簡単すぎる説明だけど、私自身と言えば、ソーシャルがベースだと思う。

と言うのも、社交性に欠けている。一人でいるのが好きなのだ。どんなオケージョンでも、いつもそのことを考えている。人と一緒に行動すべきか? もしくは、帰って自分の時間を楽しむか?  よっぽどのことがない限り、後者を選ぶ。

enough for now .....




6.06.2016

"知る" こと

Faisal が Family Hole と エニアグラムの fixization について話してくれた。生まれてきた子供は、何とかして家族の穴を埋めようとする。家族に欠けているものを埋めようとするんだそうな。

ある家族には愛、ある家族にはグランディング、ある家族には力、ある家族には知識、ある家族には成功を、こどもは欠けているそれ自体になろうとし、それを家族に与えようとする、が、不健全な家族に受け入れられもせず、何度も何度も失敗してしまう。

私はなぜ、7番なんだろう? 私の父と母、特に激情的な母の見ているメロドラマの中で育ったようなもので、私は母の感情が怖かったし、ゆえに、感情とは恐ろしいものだと受けとった。

そんな激情ドラマを子供の私が理解できるはずもなく、混乱し、かなりディソシエートした子供であった。どちらかと言うと夢みがちな。夢の中へ逃避し現実に触れないようにしていた記憶がある。

当然、子供の私は現実の中で夢のような冒険をすることはできない。今でこそ、人が羨むほど自由に動き回っているが、それは、現実からの逃避を実践できる年齢になってからのこと。今の私の自由は、夢の続きから発生したようなものである。

もひとつ、私は心理的にかなり混乱していた。もし、マスターに出会っていなければ、きっと、気違い染みた人間になっていただろうと想像できる。私はOSHOに救われたのだ。

私は彼の知識と知恵をどんどん吸収していった。OSHO は、私の混乱を溶いてくれた。これが、"知ること" である。自分に起こっていたことだけではなく、それ以上のことを知ることができた。エンライトメントと言うとてつもない可能性について。

それは、特別な人にだけ起こるのではなく、そして、高い高い山の天辺にあるのでもなく、自分自身に戻ることであると教えてくれた。我が家に帰るのだ。ここに I am No One. があった。

エンライトメントそれ自体が治療であると私は理解している。それは宗教でもなく、ましてや政治でもない。エンライトメントは深く深く安心して我が家に留まっていることである。

私には "知ること" が必要だったし、知識は感情に比べて安心できる tool だった。知識と理解が知恵を産み、私を救ってくれたのだ。

私が思うに、7番は感性的にも敏感である。内なる感情はとても豊かだ。7番に沢山のアイディアが浮かぶのはそのせいである。成熟した7番は自分が見つけた宝を美しく育て上げる力を持っていると私は思う。

私の自由は、夢の続きから発生したが "知ること" で夢から覚め、現実の中でそれを実践することが出来るようになった。そして、知ることでとてつもない喜びを感じている。私にとっての "知る" は体験の一部であり、理解が起こった瞬間、この体験のピークに達する。脳内ホルモンがドビュっと出る瞬間だ!  (⌒▽⌒)



6.04.2016

No one is there

何かがおかしい、かといって今までの私はこうじゃなかったのかと言えば、私は以前と変わらず、まったく同じ私である。

point of light の後、ずーっとこの調子で、とても居心地が悪いのだ。ゆえに、私は前より増して自分をずっと観察するようになった。

言動、振る舞い、自分のすべての行動をずーっと観察し続けている。居心地の悪さに対する答えを探し出そうとするように。

ダイアモンドロゴスミーティングの2日目、ランチの後、レクチャー前のダンスで 「はっ?」が起こった。

その閃きは、私は自分が "誰か" であると思い込んでいた。 事実、私は自分ではなく、誰か (パーソナリティ) を生きている。

ああ、なんてこった! ブルータス、お前もか!

この閃きはこの言葉で起こったのだ
 I am No One,

私は誰か (パーソナリティ) を生きていた。でも、真実は、私は誰でもないのだ!

なんという事だ、I am no one !!!!!!!
ブラボー ‼️ 🎉