4.14.2011

PRAY FOR JAPAN ハグしましょう!

この大災害で深く心を痛め、やり場のない気持ちと不安を互いに支え合う気持ちを込めて「PRAY FOR JAPAN ハグしましょう!」というバッチを作りました。日本中どこにいても心のシェアーをハグを通して行いましょう!と言うムーブメントです。このような未曾有の大災害で、被災地の方々とともに、日本中の私たちが脅威的な衝撃を受けました。ハグは友を愛し、慈しむ行為です。ひとりではない安心感と、内在的な力を引き出すことに役立てれば幸いです。このムーブメントは静かで優しいムーブメントです。ただ、バッチをつけて友人や隣人にハグをするだけです。


さらに詳しくはこちら:http://flowerpeople.org



***Official*** Message from the Hopi Nation about Japan, Amazing and His...


only love can move us....



This is a historic moment for our planet to hear them speak. The Hopi Elder have come forward with a message to the world in response to the tsunami and earthquake disaster in Japan. They give humanity a simple message for our future and how to overcome these difficult times.

Hopi original letter:

The Hopi are praying the people of Japan and for the people around the world as we face crisis in our world out of balance.We are all in a time of great change upon mother earth and these events have been foretold by our Elders. Through our Prophecies and our Ceremonies the sacred land of this earth is now crying. And our children are looking to Hopi to balance life for their future.Our Elders have given us guidance for how to move through these changes. Humanity is now choosing the path upon which all life will follow and we have known this time would come.As Hopi, we ask you to join us in prayer to balance mother earth and all life. We believe that, through our prayers and that if we pray with good hearts as told by our Elders, we can lessen the impact of these events.We as the Hopi join our prayers with those of the Dalai Lama along with people from around the world to send healing to Japan, the earth and all life. In this time of change, we ask all the people of the world to return to a more balanced way of life.Hopi say there is a path to follow that allows for us to move through this time of change. Walk gently upon our earth with respect for her and all life.A return to connecting our heart with the heart of the path to the future.Join your hearts to Hopi in honoring our Mother Earth by planting gardens, respecting our Sacred life giving waters and all life for future generations of our children.

"Kwak wha, Lolmani"
(Thank you, may there be good things in the future.)

Kikmongwi (Village Chief)
Lee Wayne Lomayestewa of the Village of Sungopavi
Hopi Nation

4.01.2011

いつも何度でも/千と千尋の神隠し【cover】

安心感

ここ数日、東京の友人達から立て続けに電話をもらった。一時はどうなるかとハラハラしていた友人達が日常の生活に戻りつつあると言う知らせ。もちろん、まだ、まったく元通りではないだろうし、手放しで安全だとは言えないけど、そんな彼女達の声からは笑い声も混じっている。それは私の安心感につながってほっとした。近く都内で店開きする友人のお祝いに駆けつけるのも、楽しみ!

思うこと

今回の東北太平洋沖地震と津波に関するコメントはここでは書かないでおこうと思ってた。でも、3週間近くなった時点ですでに、自分を含めて、多くの人たちのそれぞれの反応をみて思うことがある。それは、私たちは自分の生と死についてまったく無意識であったこと。誰もがいずれは死ぬんだと知っていいても、準備はできていない。

私は自分に問いかけてみた「今、死んでも大丈夫?」・・・、準備ができるってどういうことなのか考えた。私にとっては、悔いが残っていないと言うことだと思った。私なりの方法でがむしゃらに生きてきた。けっこう愉快で楽しい人生だ、もちろん、辛い思いや、パニック症候群にかかった恐ろしい体験もしている。

やってみたいことはまだある、でも、この時点で悔いはさほど残っていない。しいていえば、自分の身の回りを片付けること。いままで後回しにしてきたことは、身の回りすっきり片付けること。

以前、私は日本を離れ、私自身の持ち物はバックパック程度の身軽さだった。それが私の全てだった。大事だったのは歯ブラシと数枚の下着と着替え、ルンギ、寝袋、そしてパスポート。しかし、今では経済大国を支える良い消費者のひとりとして贅沢に暮らしている。部屋の中を見回すと恐ろしいくらい物があふれている。しかし、これも私の人生の一片であると思う。

身の回りをすっきり片付けることをそろそろ始めるべきだと感じる。バックパックひとつになるかは疑問だが、死ぬときは何も持っていけないことを肝に据え、「私」という荷物をすっきりとさせる。そういえば、今度、東京で2日間のwho is in をやるんだった・・・、これはいい機会だ。

沢山の人が来るといいな・・・
http://awareness-intensive.jp/2days.html