6.16.2016

夢の中で目覚めている


以前のブログに、 ”夢の中で目覚めている” を
覚えていくことにしたと書いたよ。

それはどうやってできるのか定かでなかったんだけど、
今、ようやくその感じがつかめてきた。

日常の生活の中で、特に周囲の状況や人との関わりの中で
それを明らかにすることが出来るのがわかった。

それにはまず、自分の状態をずーっと観察し続けているのが前提で、
周りの状況や人と関わるときに "自分の何が変化するか" を見ている。

例えば、

外に向けての反応(エゴ)は控えるといいですがそうもいかなかった時、
ちょっとしたくだらないコメントをしてしまう時ってあるよね

自分が起こしたそんな反応に、これまた、自分がどう感じているか、
居心地が良いか、悪いか、何がそうさせているのか? 見ている。

自分の反応に対する優越感、自己反省や自己批判、また解離などは、
勝手に起こるのでそれをただ観ている。

こうすることで、無意識に、
または夢に目覚めていることができるとわかった。

分厚い雲に囲まれている
雲を蹴ちらかそうとするとさらに厚い雲が押し寄せてくる

そうならば、どんな雲かみていよう
どのように動き、どのような弾力があるのか?



前に書いた、

-- 無意識には弱点がある。そう、痛いところをつねってやる。
 すると、地獄の底から簡単に流れ出す。

-- 無意識には策略がない、策略を企てるのは体裁を繕う意識である。
 無意識は体裁や策略がないので意識が恥じるのだ。

-- それが出てくるとき、何らかの質を帯び、一見して意義がありそうに見えるが、
 根本的にはただのエネルギーのように思える。

-- それが、まずは、夢の中で目覚めているという事にならないだろうか?
 では、どうする? 



0 件のコメント:

コメントを投稿